千葉県船橋市・八千代市の
マウスピース型矯正装置ガイド

千葉県船橋市・八千代市の

マウスピース型矯正装置ガイド

監修:まきの歯列矯正クリニック

〒276‐0049 千葉県八千代市緑が丘1-2-19東洋リビング緑ヶ丘SKM 201
東葉高速線 八千代緑が丘駅徒歩すぐ
(対象地域:千葉県船橋市・
八千代市・佐倉市・習志野市・鎌ヶ谷市・千葉市・成田市・白井市・印西市・浦安市・市川市・津田沼・北習志野)

インビザライン・装着

審美性はかなり良いです。

インビザラインの装着はどれくらい目立たないかというご質問はとても多いです。その答えあは、他人とある程度離れていれば、歯科関係者でない限りまず気がつかれる事はないと言えます。アタッチメントも歯と同じ色ですし、アライナー自体はちょっと光沢がある程度です。接客業の方も多く使用しています。

インビザライン・装着時

※右の写真は目立たない白い矯正装置を上のみ装着しています。
※インビザラインの装着時は近くで見ても、少し歯が光る程度です。

目立たないイメージとしては1m以上離れると装着している事がわかりません。50㎝に近づくと「なんか歯が光っているな」感じる程度です。手鏡でみる30㎝までくると「何かついているな」とわかります。

他人に気がつかれない矯正装置の第一選択。

インビザライン・ワイヤーつけたくない

日本ではできるだけ目立たない矯正装置を使いたいという希望は諸外国よりとても多いです。その理由に、いまだに矯正歯科治療が文化になっていないという事があげられます。ですから「矯正治療をしている」ということが人にわかるのが恥ずかしいのです。昔から、日本人は影で努力することが美徳とされているところもありますから、人に気が付かれない矯正装置のニーズは圧倒的に高いのです。

第二選択には裏側矯正

インビザライン以外にも、目立たない矯正治療方法として、ワイヤー矯正装置を歯の裏側に装着する裏側矯正治療という選択があります。費用がかかりますが、裏側矯正治療の場合は、絶対に治療している事を気が付かれないようにしたいという場合は向いています。

しかし裏側矯正治療もマウスピース矯正装置のようなリテーナーを治療後2年程度は使用しなくてはなりません。ですから、最終的には審美性においては大差はないと考えられます。

インビザラインには、残念ながら治療方針に制約があります。大きく前歯を後ろに動かしたい場合や深噛み(ディープバイト)の方は裏側矯正を提案する事があります。