千葉県船橋市・八千代市の
マウスピース矯正ガイド

千葉県船橋市・八千代市の

マウスピース矯正ガイド

監修:まきの歯列矯正クリニック

〒276‐0049 千葉県八千代市緑が丘1-2-19東洋リビング緑ヶ丘SKM 201
東葉高速線 八千代緑が丘駅徒歩すぐ
(対象地域:千葉県船橋市・
八千代市・佐倉市・習志野市・鎌ヶ谷市・千葉市・成田市・白井市・印西市・浦安市・市川市・津田沼・北習志野)

まずは無料相談から

どんな矯正治療も始めのステップは同じです。無料のカウンセリングを受けて、インビザラインについて詳しく説明を受けたのちに、精密検査・診断を行います。そこで、治療契約を行なった後にいよいよ治療がスタートします。

精密な歯型を採取

シリコン材料で精密な歯型をとります。歯型はそのままアメリカに空輸します。そのデータをもとにDrの計画に沿ったアライナーが作成されます。作成には4〜6週の時間がかかります。

インビザライン装着

いよいよインビザラインの装着です。まず最初に「アタッチメント」と呼ばれる歯の色をした小さな突起を設置します。その後、最初のアライナーを装着していよいよ治療スタートです。そして何回かのチェンジ用のアライナーも渡されます。

処方に沿ってインビザラインを毎日使用します。

アライナーは基本的には20時間の使用が必要です。食事・歯ブラシ以外の時間を装着していただきます。外したら必ずケースに保管して水洗いして再装着します。使用開始して3〜5日は歯が動く痛みが多少あります(最初だけです)。

新しいアライナーに交換します。

予定どおりにアライナーを使用する事ができたら、渡されている次のアライナーに進みます。2つ目からは少しキツイくらいで最初ほどの痛みはありません。1つ前のアライナーを現アライナーを紛失した場合に備え保管しておきます。

クリニックの通院

1〜3ヶ月に1度は通院が必要です。計画通りにアライナーが使用できているかの確認とクリーニングを行います。「IPR」といって歯にヤスリをかける処置も必要になってきます。また、状況をみてアライナーの交換スピードを調整をしたりもします。

予定枚数の終了後のリファイメント

最初に決められた枚数を終了後は「リファイメント」といって、必要に応じて微調整のためのアライナーを発注します。必要に応じて何回か行います。

治療終了とリテーナーの使用

治療後は後戻り防止のためリテーナーを作成します。インビザラインの場合は上下前歯の裏側にフィックスワイヤーといって細いワイヤーを貼り付けます。また夜間、取り外しのリテーナーを使用していただきます。