千葉県船橋市・八千代市の
マウスピース型矯正装置ガイド

千葉県船橋市・八千代市の

マウスピース型矯正装置ガイド

監修:まきの歯列矯正クリニック

〒276‐0049 千葉県八千代市緑が丘1-2-19東洋リビング緑ヶ丘SKM 201
東葉高速線 八千代緑が丘駅徒歩すぐ
(対象地域:千葉県船橋市・
八千代市・佐倉市・習志野市・鎌ヶ谷市・千葉市・成田市・白井市・印西市・浦安市・市川市・津田沼・北習志野)

プレオルソ・作用・適応症

プレオルソが得意な事

まず知っておいていただきたいのは、プレオルソで全ての歯並びが治せる訳ではない事です。ですから適応症・不適応症というのがあります。

プレオルソは生活習慣が原因である悪い歯並びの形「アーチフォーム」を整える事をの得意としています。それは、前歯の噛み合わせの早期の改善と、筋機能も考えた歯並びのゆっくりとした拡大です。ですから、成長期の「出っ歯」「受け口」「開咬」など、前歯の噛み合わせの問題への治療にはとても効果的です。また、永久歯の生えるスペース不足についてはゆっくりと外側に広がります。

しかし、プレオルソにも難しい歯の移動もあります。それは「八重歯」など犬歯の生えるスペースの問題や前後的スペースの獲得、歯の捻じれなど細かい歯並びの整列、「はさみ状咬合」や「交叉咬合」など奥歯の噛み合わせの問題を改善するのは苦手な傾向があります。

従来型の矯正治療でフォロー

プレオルソだけでは改善できない部分は、従来型の矯正装置も併用する事で解決する事ができます。これらの矯正装置は矯正専門医院で何十年も使われている治療効果が保証されているクラシックな矯正装置です。

ポーター型装置

奥歯の噛み合わせの問題を解決

ポーター型装置

6歳臼歯をバンドで固定し、歯列の横方向の拡大をします。固定式の装置で上アゴに用いられる事が多いです。交叉咬合など奥歯の噛み合わせの改善に向いています。

ヘッドギア

前後的スペースの獲得

ヘッドギア

首のパッドを固定に上の歯並びの後方移動を行います。主に就寝時使用していただきます。サイズの大きい犬歯が生えるスペースの獲得に向いています。

セクショナルアーチ

細かい歯並びの整列

セクショナルアーチ

マルチブラケット装置を部分的に永久歯に装着します。1歯だけ捻じれていたり、スペースを閉じるのに向いています。「ツーバイフォー」とも言われます。

プレオルソ治療を推奨しないケース

では、プレオルソ治療を中心とした小児矯正治療を推奨しないパターンはどのようなケースかを説明いたします。実はご相談患者さんの半分くらいは非適応ケースであったりします。

 

歯並びが永久歯に生え変わっている

歯に生える力がないため、お口の機能を改善するだけで歯並びを矯正するのは難しい年齢になります。永久歯に生え変わる年齢はお子さんによって様々ですが、一般的には10歳以上になってくると、効果が出なくなってきます。この場合は、治療の介入は少し待ってからワイヤー矯正装置による本格矯正を行います。

 

取り外し装置を使用する時間を確保できない方

固定式装置ではありませんので、マウスピースを使用する時間が確保できない方は、残念ながら効果は出ません。例えば、習い事や勉強のストレスにならないように1/2しか使用しなかった場合は、二次曲線上的に効果は1/4になります。週2-3回(1/3程度)しか使用しなかった場合は1/9です。ほぼ効果が出ません。この場合は、早期にマウスピース以外の矯正装置に変更します。

 

将来的に抜歯を併用した本格矯正をする可能性が高い歯並び

プレオルソは基本的には、非抜歯にてスペースを確保できるお子さんだけが適応です。永久歯の抜歯が必要と判断した場合は、当院では生活習慣指導のみで小児矯正治療は介入しない事があります。一般的には以下の症状がある方は小児矯正を見合わせる傾向にあります。

・先天性欠如歯がある(永久歯の種がない)。

・上の前歯の横幅が1cm近くあり、歯のスペース不足が1歯分を超えている。

・下顎が小さく、横顔の口元の突出感も改善したい。

 

プレオルソ治療が向いていないケースの例図