千葉マウスピース型矯正ガイド

千葉県でインビザライン・プレオルソ治療希望の方へ

千葉マウスピース型矯正ガイド

プレオルソ・作用・適応症

プレオルソはこのようなお子様に

プレオルソの使用年齢

7〜9歳が最適開始年齢

プレオルソはこのような方が向いています。

  • 小学校3年生くらいまでに小児矯正をスタートする。
  • 口呼吸や低位舌などお口の機能が悪い状態にある。
  • お家での様々なお口のトレーニングの宿題をしっかりできる。
  • 取り外し装置は使いたいのだが、日昼は使用したくない。
  • 奥歯はよく噛めており、前歯に著しいスペース不足はない

プレオルソもあくまでも矯正装置のひとつです。必ず一つの装置のみで小児矯正が終了するとは限りません場合によってヘッドギア型装置、裏側固定式矯正装置やワイヤー装置を併用しなくてはならない事があります。また、プレオルソは小児矯正用装置(1段階目)です。この装置で歯並びが合格点にはなっても満点にはなりません。通常はその後、本格矯正治療が必要となります。

プレオルソが得意な事

まず知っておいていただきたいのは、プレオルソで全ての歯並びが治せる訳ではない事です。ですから適応症・不適応症というのがあります。

 

プレオルソは生活習慣が原因である悪い歯並びの形「アーチフォーム」を整える事をの得意としています。それは、前歯の噛み合わせの早期の改善と、筋機能も考えた歯並びのゆっくりとした拡大です。ですから、成長期の「出っ歯」「受け口」「開咬」など、前歯の噛み合わせの問題への治療にはとても効果的ですまた、永久歯の生えるスペース不足についてはゆっくりと外側に広がります。

 

しかし、プレオルソにも難しい歯の移動もあります。それは「八重歯」など犬歯の生えるスペースの問題や前後的スペースの獲得、歯の捻じれなど細かい歯並びの整列、「はさみ状咬合」や「交叉咬合」など奥歯の噛み合わせの問題を改善するのは苦手な傾向があります。

プレオルソですぐ治る歯並び

最近、「保護者様から電話で自分のお子さんはプレオルソの適応症か?」というお問い合わせを受ける事があります。確かにプレオルソの適応症にパターンはあります。当院の経験からプレオルソには適応症が4パターンあります。今回はわかりやすいように簡単にポイントを説明していこうと思います。

プレオルソは、機能的矯正装置といい、お口の中の機能状態のバランスを整えるながら、正しい歯並びに誘導します。ですが、今回の「治療効果が出る」というのは、「口呼吸が治る」とか「正しい舌の位置になる」とかではなく、「歯並びが治る」という事に重点を置きます。なぜならば、機能的な事に関しての改善には年単位で時間がかかからです。

プレオルソのコンテンツ