千葉マウスピース型矯正歯科ガイド

千葉県でマウスピース型矯正装置【インビザライン・薬機法対象外】治療希望の方へ

千葉マウスピース型矯正ガイド

本格矯正前の1期治療(準備矯正)で早期から使用できるマウスピース型矯正装置【インビザラインファースト】について説明します。

小児矯正の新たな選択肢

インビザラインファーストは、今まで永久歯列に近い時期からでしか使用できなかったマウスピース型矯正装置を、上の前歯が生えてくる時期である混合歯列期前期の時期から使用する事ができます。条件として、6歳臼歯と前歯が2/3出ている必要があります。1年半以内の治療期間を目安に透明なマウスピースを交換しながら歯列の育成を行なっていきます。

日本では本格的にインビザラインファースト治療が開始したのは2019年3月からになります。これにより、全年齢の方にインビザラインによる矯正治療が可能となりました。

ファースト治療のメリット

インビザラインファースト治療の2つのメリットを説明します。

治療が目立たない

小学生の頃でも前から見えるワイヤー矯正装置については抵抗がある方が多いです。そもそも自分で矯正治療をしたいというお子さんも少ないです。透明なマウスピースはお子さんの治療へのモチベーションを高めてくれます。

 

口の中も装置も衛生的

ワイヤー装置の1番の問題は、虫歯のリスクが上がる事です。お子さんの場合は、保護者様のホームケアが中心になってくるため、一定の割合で歯ブラシ不足による虫歯が出てきます。

それに対して取り外しの装置の場合は歯ブラシがしやすく衛生的です。また、床矯正装置などと異なり、1週間ごとにマウスピースを新しいものに交換していくため、常にきれいな状態の矯正装置を使用できます。

 

適応症

インビザラインファーストが向きのお子さんというのがいらっしゃいます。以下の3つに当てはまる場合で、ワイヤー装置を装着したくないお子さんにはとても合っています。

 

・軽度の前歯のでこぼこ
(2枚歯のように強く重なっていないケース)

・前歯が噛んでいない開咬

・すきっ歯

 

検査診断を行い、適応を判断してから発注します。歯並びによっては従来型のトレーナー装置や固定式装置が適応の場合もあります。

すきっ歯に実際に使用したケース(在宅時使用で6ヶ月後)

治療の流れ

従来型型の1期治療(準備矯正)と同じ流れになります。1期治療では主に前歯の噛み合わせと歯並びのみ治していきます。その後は永久歯列が完成する中学生くらいまでリテーナーを使用し、2期治療を行うかの再診断を行います。



2期矯正を行う場合は再契約を行い「フェイズ2パッケージ」という10代と同じインビザライン治療を再開します。ファースト治療を行なった場合は、2期矯正治療もワイヤー装置ではなく自動的にインビザラインになります。通常は仕上げの2期治療は全ての方が行なった方が良いとしています。(詳しくは…)

インビザラインファーストの治療の流れ

治療にかかる費用(総額制)

インビザラインファーストは1期+2期セット価格になります。
2期でワイヤー矯正装置が必要な場合でも費用に含まれています。
インビザラインファースト単体での小児矯正は受け入れておりません。

初診相談無料

検査・診断料

37,000

インビザラインファースト

780,000

※金利手数料なし4回分割も可能なので安心(半年ごと4回お支払い)。
※リテーナーの費用も含まれています。

※別途消費税がかかります。