千葉マウスピース型矯正歯科ガイド

千葉県でマウスピース型矯正装置【インビザライン・薬機法対象外】治療希望の方へ

千葉マウスピース型矯正ガイド

まずは無料相談から

どんな矯正治療も始めのステップは同じです。無料のカウンセリングを受けていただきます。

無料相談

インビザライン治療のメリット・デメリットや治療方針について、歯科医師とコーディネーターにしっかり説明を受けていただきます。患者様の希望にインビザライン治療が合っているのかよく相談します。 

精密検査

レントゲン撮影と、お顔とお口の中の写真撮影を行なった後、口腔内スキャナーを使用して、歯並びと噛み合わせをデータ化します。おおよそ15分程度かかります。予約状況で無料相談と同時に行えます。

診断

検査結果と、クリンチェックという完成シミュレーションを確認していただきます。また、矯正治療のリスクや契約についても詳しく説明を行います。治療方針に同意をいただきましたら、インビザラインを発注します。

インビザラインスタート 

いよいよインビザライン の装着です。まず最初に「アタッチメント」と呼ばれる歯の色をした小さな突起を設置します。その後、アライナーの装着練習をします。使用方法についてしっかり説明させていただき、交換アライナーとその他グッズを渡します。

クリニックの通院

1〜3ヶ月に1度は通院が必要です。計画通りにアライナーが使用できているかの確認とクリーニングを行います。「ストリッピング(IPR)」といって歯にヤスリをかける処置も行います。また、状況をみてアライナーの交換頻度を調整したりもします。

予定枚数の終了後のリファインメント

決められたアライナーの枚数を使用終了後は「リファイメント」といって、微調整のための追加アライナーを発注します。これを必要に応じて繰り返し行います。

治療終了とリテーナーの使用

治療後は後戻り防止のためリテーナーを作成します。インビザラインの場合は上下前歯の裏側にフィックスワイヤーといって細いワイヤーを貼り付けます。また夜間、取り外しのリテーナーを使用していただきます。

実際の歯の動き

インビザラインの様々な情報や知識を提供⬇︎

インビザラインコンテンツ