千葉マウスピース型矯正歯科ガイド

千葉県でインビザラインマウスピース矯正歯科治療を希望の方へ

千葉マウスピース型矯正ガイド

最新テクノロジーの集合体

インビザラインのメリット

マウスピースを外して食事ができる

インビザライン・食事

※気にせず食事を楽しめます

インビザラインならマウスピースを外して、食事をしっかり味わう事ができます。また、取り外し可能ですので、お口の中だけでなくマウスピース自体も簡単にお掃除ができ衛生的です。

通院は2〜3か月に1回

※先にマウスピースは渡します

お仕事が忙しい方や、遠方から通院の方の長期間の矯正治療の通院は大変です。インビザラインならコンプライアンスが確認できれば最長3か月くらい通院予約を開ける事ができます。

痛みが少ない

※口内炎の悩みはありません

歯が動く初期の痛み(3〜7日)というのはどんな矯正装置も必ずありますが、その後の痛みは格段に少ない傾向にあります。マウスピース自体はなめらかなフォルムで、口内炎などができる事はほとんどありません。

10代の虫歯リスクが低い

※歯ブラシはいつもと一緒

特に10代のお子さんの矯正治療への心配として虫歯のリスクが上がる事があげられます。取り外しができるインビザラインの場合は、特別な配慮が必要なく、いつもと変わらない歯磨きで大丈夫です。デンタルフロスも通せます。

金属アレルギーの心配なし

※アレルギーリスクはありません

最近、アレルギー体質の方は年々増加傾向にあります。また、口腔内金属についても問題視されています。今まで金属アレルギーがあり矯正治療に不安に持っていた方も、安心して治療を行う事ができます。

インビザラインのデメリット

残念ながらインビザラインは完璧な矯正装置というわけではありません。場合によっては、従来型のワイヤー装置の方が、患者さんの希望に答える事ができるケースもあります。

装着する時間の確保が必要

日記をつけたり毎日のお薬を服用などの自己管理が苦手な方や、会食が多くマウスピースをつける時間が物理的に少ない方は、治療が進みません。

適応症がある

前歯の移動量が大きい方はマウスピース矯正が不適応な場合もあります。マウスピース矯正の治療に関しては歯根の移動量に制限があります。ただし、歯の動かす量を抑え、最終ゴールを調整する事で、インビザラインを使用する事もできます。

注:インビザライン(海外カスタムメイド矯正装置完成物)は日本の薬機法対象外になります。医薬品副作用被害救済制度の対象外になり事があります。アライナーの材料自体にアレルギーなどの問題は出ていませんが、歯科医師が個々の判断で責任をもって患者様に使用しているという事になるという事をご理解下さい。

インビザラインの様々な情報や知識を提供⬇︎

インビザラインコンテンツ